WORKS01:CORPORATE

WORKSIGHT 12

 

発売日 2017年12月18日
納品先 コクヨ株式会社
媒体種 雑誌
納品物 編集協力
協 力 デザイン(スープデザイン)、編集(宮本裕生)、原稿(東雄介)、撮影(山﨑泰治)、取材コーディネート・通訳(山下めぐみ)、印刷・製本(太陽印刷工業)、校正(滄流社、デビッド・ラッセル)、翻訳(ルーベック、ウィリアム・ロス) 
 
コクヨの企業メディア「WORKSIGHT」冊子版の第12弾。特集「レガシーと革新のロンドン」では、オリンピック、ブレグジットと転換期を迎えているロンドンの、古いものと新しくものがぶつかり合いながら変貌を遂げる姿を取材しています。ブリッジワークスは編集パートナーとして媒体の創刊時から関わっています。
  
 
目次: 
特集 レガシーと革新のロンドン
 Case1 betahaus/Barclays/スタートアップとともに業界変革を狙う巨大金融機関
 Case2 Sky/優秀な人材を魅了する次世代ブロードキャスト・オフィス
 Case3 The Collective/ロンドンの住環境を変える世界最大のコリビング
 Case4 Level39/金融からTMTの街へ———。ビルの39階がカナリー・ワーフを変える
 Case5 Future Cities Catapult/イギリス政府が主導する、イノベーションへのカタパルト
 Case6 Here East/ロンドン・オリンピックのレガシーが新たな都市の起爆剤に
 Interview オリー・オルセン&チャーリー・グリーン〈ザ・オフィス・グループ〉/オフィスに必要なのは「スタンダード」ではなく「個性的であること」だ
 Wrap-up 山下正太郎/A面とB面が出会う場所